『元手』(もとで)という言葉は

よく使いそうな言葉ですね。



なんとなく、元々の金額、最初の金額、定価

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『元手』の意味


『元手』(もとで)の意味は

事業などを始めるのに必要な金銭

といった意味のようです。



まるで違う意味を予想してしまったようです。



何か仕事を始めるための頭金

のような意味になりそうです。



例文としては
「車を売ったお金を元手に起業した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『元手』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク