『一銭を笑う者は一銭に泣く』(いっせんをわらうものはいっせんになく)

という言葉はよく聞く言葉ですね。



なんとなく、お金を甘く見て無駄遣いしているとお金に困るようになる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『一銭を笑う者は一銭に泣く』の意味


『一銭を笑う者は一銭に泣く』(いっせんをわらうものはいっせんになく)の意味は

わずかな金額だと軽く見ていると
いつかそのわずかな金額が足りなくて困るようになる。
少額でも大事にしなければならないという戒め


といった意味のようです。



少しの金額でも重く見ないとお金で痛い目を見る

のような意味になりそうです。



毎日缶コーヒーを買っていると地味にお札が減っていく

のようなことなのかもしれません。

スポンサードリンク


『一銭を笑う者は一銭に泣く』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク