『目腐れ金』(めくされがね)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、まともな手段でない方法で稼いだお金、または、使われていないお金が多くて勿体無い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『目腐れ金』の意味


『目腐れ金』(めくされがね)の意味は

わずかばかりの金

といった意味のようです。



特に深い意味はないようで

ほんの少しのお金

のような意味になりそうです。



ただ聞いた感じあまり印象がよくない言葉

となりそうですね。



「端金」(はしたかね)
ある額に達しない半端な金銭。ごくわずかな金銭

といった意味を持つこの言葉とは

類語になるようです。



例文としては
「目腐れ金で次の給料日までもたせるのは苦しいがなんとかするしかない」

のような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク


『目腐れ金』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク