『金は天下の回り物』(かねはてんかのまわりもの)という言葉は

よく聞きそうな言葉ですね。



ただ、詳しい意味はわからないような気がします。



なんとなく、お金は人から人へ渡っていくもの

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『金は天下の回り物』の意味


『金は天下の回り物』(かねはてんかのまわりもの)の意味は

金は世の中を回っているものだから
いずれ自分ところにも来るということ


といった意味のようです。



お金は人から人へ回っているからそのうち自分のところにも来る

のような意味になりそうです。



人に役立つ仕事をしている自信があればお金で慌てなくてもよい

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『金は天下の回り物』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク