『金の切れ目が縁の切れ目』(かねのきれめがえんのきれめ)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、お金でのつながりが途切れると人とのつながりもなくなる、お金のトラブルが人間関係のトラブルにもなる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『金の切れ目が縁の切れ目』の意味


『金の切れ目が縁の切れ目』(かねのきれめがえんのきれめ)の意味は

金銭上の付き合いは
金のあるときは良いが
金がなくなると途端に疎遠になるものだということ


といった意味のようです。



お金の上で成り立っている人間関係はお金の上でしか付き合わない

のような意味になりそうです。



上辺の利益のみの付き合い

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『金の切れ目が縁の切れ目』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク