『金子』の読み方は(きんす)と読みます。



『金子』(きんす)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、小銭、お金

とも似たような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『金子』の意味


『金子』(きんす)の意味は

金貨の意味から
かね。貨幣

といった意味のようです。



『金貨』(きんか)は
金を主成分とした貨幣。金貨幣

といった意味になります。



金貨または、お金

といった意味になりそうです。



例文としては
「金子をかき集めて支払う」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『金子』の類義語

金銭
銭金

御足
御宝
金子
黄白
鳥目
元手
先立つもの
大枚
万金
小金
目腐れ金
泡銭

『金』のことわざ

一銭を笑う者は一銭に泣く
金の切れ目が縁の切れ目
金は天下の回り物
地獄の沙汰も金次第

関連コンテンツ



スポンサードリンク