『腕前』(うでまえ)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



「腕前」と聞くと、その人の能力、実力、技術

のようなイメージがありますが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『腕前』の意味


『腕前』(うでまえ)の意味は

ある物事について身に付けた技術と能力

といった意味のようです。



『技術』は
物事を取り扱ったり処理したりする際の方法や手段

といった意味になります。



いろいろな意味がありますが、代表的なのが

単純な力でなく、物事を行ううまさ、技

といった意味が一番使われてそうですね。



例文としては
「冴えた腕前」
「腕前を披露する」
「対戦相手にDループの腕前を見せつけた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『腕前』の対義語


『腕前』の対義語は存在しない、類義語となる

『技量』の対義語も存在しない、と

手腕』の意味のときでも紹介しましたが

あえて、想像してみると


人や動物にもともと備わっている、自ら動き、 または他の物を動かす働き。体力

が、もしかしたら

身につけた技術、技である『腕前』の対義語に近くなってくるのかもしれません。



技術は正確には力とは関係ない方法や手段による技、ということなので

単純な運動量のみの力、という意味と対比する、という考えもありかもしれません。



『力』の対義語から考えると、

武道などでは、「力」と「技」
国際関係などでは、「力」と「対話」
人間関係などでは、「力」と「情」
自己啓発などでは、「力」と「心」


という意見もあるので一概にはいえませんが

少なくとも『技』から考える対義語は『』が一般的に近そうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『腕前』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]