『老いの繰り言』(おいのくりごと)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく意味を予想してみると

老いが年寄り、繰り言は繰り返して同じことを喋ること、
のような気がするので

年寄りは同じことを何度も繰り返してしゃべってしまう

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『老いの繰り言』の意味


『老いの繰り言』(おいのくりごと)の意味は

老人が愚痴をくどくど言うこと。
また、その愚痴


といった意味のようです。



忘れてしまい同じことを何回も繰り返して言う、といった意味ではなく

老人がいつまでも根に持つように、思い返すように愚痴を言い続ける

といった意味になってくるようですね。



やはり老人ともなると体や頭が疲れやすくなってしまうので

そのため思考が停止しがちになり言わなくていいことをドンドンしゃべってしまう

のようなことになってくるのかもしれません。



そういった意味でもやはり落ち着かせたり、いたわって疲れをとってあげる

のようなことをする必要があるので

年寄りをいたわる、というのは必然の行動となりそうです。



例文としては
「老いの繰り言はしょうがないと割り切り大目に見る必要がある

のような使い方がさそうです。

スポンサードリンク


『老いの繰り言』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う

関連コンテンツ



スポンサードリンク