『愚に返る』(ぐにかえる)という言葉は

聞いたことがない馴染みのない言葉ですね。



それでもなんとなく意味を予想してみると
バカになってみる、
なんでも知ったかぶりをせず素直に知らないことを認める

のような意味が予想できますか。

スポンサードリンク


『愚に返る』の意味


『愚に返る』(ぐにかえる)の意味は

年老いて分別を失うといった意味のようです。



『分別』は
物事の是非・道理を判断すること。わきまえること。また、そのような能力
『道理』は
物事の正しいすじみち。また、人として行うべき正しい道。ことわり

といった意味になります。



いまいち意味がよくわかりませんが、要するに

ふつうのことがわからなくなる

のような意味になるのかもしれません。



それとなくわかる、周りの空気であったり

やってはいけないこと、道徳のようなものが失う、わからなくなる

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『愚に返る』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う

関連コンテンツ



スポンサードリンク