『焼きが回る』(やきがまわる)という言葉は

結構頻繁に聞く言葉ですね。



「焼きが回る」と聞くと

疲れる、作業などをしていて手が回らない

のようなイメージがあります。



疲れが溜まってきて作業が滞ってしまう、物事、行動などが止まってしまう

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『焼きが回る』の意味


『焼きが回る』(やきがまわる)の意味は

刃物を焼いて鍛える時に焼きすぎると切れ味が悪くなることから
年をとったりして頭の働きや腕前が衰え鈍くなる

といった意味のようです。



年をとることを、刃物を焼きすぎる

に例えての言葉だったんですね。



鍛えようとして焼きすぎているとかえって脆くなる、劣化してしまう

というイメージからきたのかもしれません。

『焼きが回る』の例文、使い方


例文としては
「同僚の20代の若者に命令されるとは俺も焼きが回ったもんだ」
というような
「年を取り衰える」
の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『焼きが回る』の語源


『焼きが回る』の語源は先程も書いたように

刃物などを鍛える「焼き入れ」からきたようです。



「焼きが回る」の「焼き」は
『焼き入れ』
金属を所定の高温状態から急冷させる熱処理である

を意味しているようで

刃物などを鍛える時に欠かせない作業のようですが

やりすぎるとかえって脆くなり、切れ味も悪くなってしまうと言われています。



そういったイメージから年をとることの衰え

に意味が発展したようですね。

スポンサードリンク


『焼きが回る』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う

関連コンテンツ



スポンサードリンク