『船を漕ぐ』(ふねをこぐ)という言葉は

そのまま聞くとやはり「船を漕ぐ」という意味に聞こえますよね。



でも今回は「眠るの慣用句」にあたる言葉として

『船を漕ぐ』を見ていくので

ことわざのような意味が予想されます。



ということは船なので揺れるわけですから

「うつらうつら」のような

寝ているような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『船を漕ぐ』の意味


『船を漕ぐ』(ふねをこぐ)の意味は

体を前後に揺らして居眠りをする

といった意味のようです。



「居眠り」とあるので

何かをしているときに眠ってしまう

といった意味になってきます。



たしかに、授業中や動画を見ている時などで
ぼーっとしていると

体や頭が前後に揺れて寝ていること

がよくありますよね。



そういった時の様子が

まるで船を漕ぐ様子に似ていることから

『船を漕ぐ』が

船を漕ぐ動作をしながら眠っている

といった意味になってきたようです。



言葉の由来は

身近なところから作られていくこともあるんですね。



例文としては
「疲れがたまってきたのか作業中にもかかわらず船を漕ぎだした」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『船を漕ぐ』の類義語

寝る
寝付く
寝入る
寝込む
眠りこける
まどろむ
就寝
就眠
熟睡
安眠
一寝入り
転寝
居眠り
うとうと
うつらうつら
こっくりこっくり
まんじり

『眠る』の慣用句

お休みになる
華胥の国に遊ぶ
御寝なる
春眠暁を覚えず
白川夜船
寝に就く
床に就く
船を漕ぐ
夢を結ぶ
宵っ張りの朝寝坊

関連コンテンツ



スポンサードリンク