風声鶴唳という言葉は

「まるで聞いたことがない」
「それって日本語なの?」
といったイメージが強そうです。

『恐れ』の慣用句にあたる言葉なのですが
あまり一般の人には聞き慣れない言葉かもしれません。

もしかしたら外国人の方が知っている可能性がありそうです。



風声鶴唳の読み方はふうせいかくれいと読みます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『風声鶴唳』の意味


風声鶴唳(ふうせいかくれい)は

「戦いに負けた兵士たちが風の音や鶴の声に驚いて逃げだした」

という『晋書』の故事からきた言葉のようです。



風声鶴唳の意味は

ビクビクしていてちょっとした物音にも驚き慌てること

といった意味を持ちます。



『恐れる』であったり『脅える』『恐怖』といった意味によく似ていますが

少し怯え方が神経質な意味合いがありそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『風声鶴唳』の類義語

恐怖
畏怖
戦慄
物怖じ
尻込み
臆する
怯む
怖じる
脅える
小心翼翼

『恐れ』の慣用句

臆病風に吹かれる
風声鶴唳
蛇に睨まれた蛙のよう

スポンサードリンク
[ad#co-1]