『コップの中の嵐』(こっぷのなかのあらし)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、世間の狭い争い、規模の小さい争い事

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『コップの中の嵐』の意味


『コップの中の嵐』(こっぷのなかのあらし)の意味は

ある組織や仲間のうちだけでもめて
外部には大した影響も与えないようなもめごと


といった意味のようです。



身内での揉め事、のような

他人には影響がない争い事

といった意味になりそうです。



例文としては
「うちの会社は無理な注文が多いため上司への批判が殺到しているが、世間から見ればコップの中の嵐だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『コップの中の嵐』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク