『蝸牛角上の争い』(かぎゅうかくじょうのあらそい)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「蝸牛」(かぎゅう)も「角上」も、いまいちぴんとこない言葉なので

全体の意味が予想しづらいような気がします。



なんとなく、頂上決戦のような、のし上がってきたもの同士の争い、強いもの同士の争い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『蝸牛角上の争い』の意味


『蝸牛角上の争い』(かぎゅうかくじょうのあらそい)の意味は

カタツムリの左右の角に
それぞれ国を持つ触氏と蛮氏が領地を争った
という「荘子」にある寓話(ぐうわ)から
小さな者同士のつまらない争い

といった意味のようです。



見事に真逆の意味を予想してしまったようで、大きなもの同士ではなく

小さな者同士、小さい規模の争い

といった意味になるようです。



中国の「荘子」の「寓話」からくる言葉だったようですね。



『荘子』(そうし)は
紀元前369年頃 – 紀元前286年頃
中国の戦国時代の宋国の蒙(現在の河南省商丘あるいは安徽省蒙城)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物
『寓話』(ぐうわ)は
擬人化した動物などを主人公に、教訓や風刺を織りこんだ物語

といった意味になります。

スポンサードリンク


『蝸牛角上の争い』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク