『角逐』の読み方は(かくちく)と読みます。



『角逐』(かくちく)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



予想しづらい言葉ですが、なんとなく

お互い性格が合わなくて争ってばかりいる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『角逐』の意味


『角逐』(かくちく)の意味は

「角」は争う、「逐」(ちく)は追い払う意味
優位な立場を占めようとして
互いに競い合う事


といった意味のようです。



追い払うように競い合う、争う

といった意味になりそうです。



『占める』(しめる)は
1.あるもの・場所・位置・地位などを自分のものとする。占有する
2.全体の中である割合をもつ
3.体験して、うまみを知る
4.食べる

といった意味になります。



例文としては
「相手が同業者だと分かった途端、角逐を匂わす空気が漂った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『角逐』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク