『鞘当て』(さやあて)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、峰打ちでの争い、平和的な戦い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『鞘当て』の意味


『鞘当て』(さやあて)の意味は

武士が道ですれ違う時に
刀の鞘(さや)が触れたというのを理由に争ったことから
ささいなことから起こる喧嘩・争い。
特に、一人の女性を巡り二人の男性が争う事


といった意味のようです。



鞘か当たっただけで争う

という由来から来る言葉だったんですね。



どうでも良いこと、争うほどのことではないことや、女性を巡り争う

といった意味になってくるようです。



例文としては
「鞘当てを演じるドラマがきっかけで有名になった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『鞘当て』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク