『鎬を削る』(しのぎをけずる)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、損にしかならない争いをする、争い事をして損をしてしまう

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『鎬を削る』の意味


『鎬を削る』(しのぎをけずる)の意味は

「鎬」(しのぎ)は刀の刃と峰(みね)の中間の小高い部分。
激しく刀で切り合う意味から
互いに相手より優位に立とうとして、激しく争う

といった意味のようです。



予想していた意味とは全然違っていたようで

お互いに相手より優位に立とうとしながら激しく争う

といった意味になるようです。



『峰』(みね)は
刀剣・刃物の背

といった意味になります。



例文としては
「大企業同士が鎬を削った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『鎬を削る』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク