『血で血を洗う』(ちでちをあらう)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、目には目を、やられたらやり返す

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『血で血を洗う』の意味


『血で血を洗う』(ちでちをあらう)の意味は

血縁関係にあるもの同士が争い、殺傷し合う

といった意味のようです。



悪事には悪事で、暴力には暴力で対抗する

という意味にもなるようです。



血のつながりのあるもの同士が争い殺し合う、又は

暴力には暴力でのように、同じような手段で対抗する

という例えとしての意味にもなるようですね。



例文としては
「昔は暴力団同士の血で血を洗う抗争があったようだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『血で血を洗う』の類義語

戦う
競う
張り合う
遣り合う
渡り合う
鬩ぎ合う
啀み合う
諍い
角逐
衝突
抗争
葛藤
係争
鞘当て

『争う』の慣用句

蝸牛角上の争い
干戈を交える
骨肉相食む
コップの中の嵐
事を構える
鎬を削る
血で血を洗う
血の雨を降らす
角突き合わせる
覇を争う
火花を散らす

関連コンテンツ



スポンサードリンク