『対決』(たいけつ)という言葉は

よく使われる言葉ですね。



なんとなく、勝負する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『対決』の意味


『対決』(たいけつ)の意味は

両者が相対して事の決着をつけること

といった意味のようです。



『相対』(そうたい)は
1.当事者どうしがさし向かいで事をなすこと
2.対等であること
3.合意すること。互いに納得した上であること
『対立』(たいりつ)は
二つのものが反対の立場に立つこと

といった意味になります。



「相対」のイメージが「対立」のような意味に似てそうでしたが、そうでなく

互いに合意の上でなにかの決着をつける

のような意味になりそうです。



例文としては
「佐々木小次郎と宮本武蔵の対決」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『対決』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち

関連コンテンツ



スポンサードリンク