『軍配が上がる』(ぐんぱいがあがる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、勝負がこちらに有利になる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『軍配が上がる』の意味


『軍配が上がる』(ぐんぱいがあがる)の意味は

相撲で、行司が勝った方の力士を軍配で指し示すことから
勝利・優勢の判定が下る。
相手との勝負や競争に勝つ


といった意味のようです。



勝負などで勝つ、勝利や優勢判定が出る

のような意味になりそうです。



『行司』(ぎょうじ)は
相撲で、力士を立ち合わせ、勝負を判定する役
『軍配』(ぐんぱい)は
軍配団扇の略
『軍配団扇』(ぐんぱいうちわ)は
相撲の行司が、両力士の立ち合いや勝負の判定を指示するのに用いるうちわ形の道具

といった意味になります。



例文としては
「都会の方が便利だが居心地の良さでは地元のほうに軍配が上がる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『軍配が上がる』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち

関連コンテンツ



スポンサードリンク