『水をあける』(みずをあける)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、熱くなりすぎないように頭を冷やして勝負する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『水をあける』の意味


『水をあける』(みずをあける)の意味は

競争相手に大きく差をつける

といった意味のようです。



同じ土俵に立っている相手の実力を突き放す

のような意味になりそうです。



例文としては
「ライバルに水をあけられる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『水をあける』の語源、由来


『水をあける』の語源、由来は

水の上の競技で間が空くほど、水だけで空いているほど相手を引き離す

というところから来たようです。



ライバルに大きく差をつける、という意味だけが受け継がれ

いろいろな勝負事で使われるようになったんですね。

スポンサードリンク


『水をあける』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち

関連コンテンツ



スポンサードリンク