『雌雄を決する』(しゆうをけっする)という言葉は

聞いた事がある言葉ですね。



なんとなく、勝負が決まる、決着する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『雌雄を決する』の意味


『雌雄を決する』(しゆうをけっする)の意味は

好敵手同士が戦って優劣を決める

といった意味のようです。



ライバル同士が戦って勝敗が決まる

のような意味になりそうです。



例文としては
「伊賀と甲賀の雌雄を決する時がくる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『雌雄を決する』の語源、由来


『雌雄を決する』の語源、由来は

中国の「史記」「項羽本紀」の

「願わくは漢王との戦いを挑み、雌雄を決せん」

という言葉からのようです。



「雌雄」は動物の雄(オス)と雌(メス)で、雄(オス)のほうが強い、という考えがあり

強い方と弱い方、雄と雌をはっきり決める

という意味として伝わってきたようです。

スポンサードリンク


『雌雄を決する』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち

関連コンテンツ



スポンサードリンク