『勝って兜の緒を締めよ』(かってかぶとのおをしめよ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



いまいち意味が予想しづらい言葉ですが、なんとなく

勝負に勝ってからもおごらず気を引き締める

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『勝って兜の緒を締めよ』の意味


『勝って兜の緒を締めよ』の意味は

戦いに勝っても油断せず気を引き締めよ。
成功しても気を抜いてはいけないという戒め


といった意味のようです。



成功しても舞い上がらず、気にせず普段通りの生活をせよ

のような意味になりそうです。

『勝って兜の緒を締めよ』の例文、使い方


例文としては
「防御神というあだ名がつくほど強くなったが
勝って兜の緒を締めよのように気を抜かないでいないとあっさり抜かれそうだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『勝って兜の緒を締めよ』の由来、語源


『勝って兜の緒を締めよ』の由来、語源は

戦国時代のような戦いで勝利を確信した後であっても
奇襲される可能性があるから兜を取らず用心せよ

というところから来た言葉のようです。



油断がせっかくの成功を水の泡にする可能性があるから気を引き締めよ

という戒めのことわざのようです。

スポンサードリンク


『勝って兜の緒を締めよ』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち

関連コンテンツ



スポンサードリンク