『柔能く剛を制す』(じゅうよくごうをせいす)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、北斗の拳ぽい響きですが、意味を予想すると

柔らかい考えで力強い決断をすれば勝てる、冷静な判断で情熱的に行動する

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『柔能く剛を制す』の意味


『柔能く剛を制す』(じゅうよくごうをせいす)の意味は

柔軟なものは、
剛強なものの攻撃をかわして
最後には勝利を得る。
転じて、弱いものがかえって強いものに勝つこと


といった意味のようです。



「柔らかい」というのは「弱い」という意味で

弱いものが強いものに勝つ

といった意味になるようですね。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『柔能く剛を制す』の由来、語源


『柔能く剛を制す』の由来、語源は

どうやら中国の『三略』という兵法書の言葉からのようで

「柔は能く剛を制し、弱は能く強を制す」

からきたことわざのようです。



兵法書なので戦の参考になる言葉だったのかもしれませんが

現代でもなんとなく通用しそうな言葉ですね。

[ad#co-3]

『柔能く剛を制す』の類義語

勝敗
優勝劣敗
競争
戦い
対決
決戦
果たし合い
一騎打ち
手合わせ

『勝負』の慣用句

凱歌を揚げる
軍配が上がる
雌雄を決する
水をあける

『勝負』のことわざ

勝って兜の緒を締めよ
勝てば官軍負ければ賊軍
柔能く剛を制す
勝負は時の運
負けるが勝ち
[ad#co-6]

[ad#co-3]