『夢中』(むちゅう)という言葉は

よく使われている言葉ですね。



なんとなく、心を失うくらい一生懸命になる、一つのことに集中する

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『夢中』の意味


『夢中』(むちゅう)の意味は

その物事だけに心を奪われている様子

といった意味のようです。



そのことだけしか目に入らないくらい集中している

のような意味になりそうです。



例文としては
「夢中になりすぎて食べるのを忘れる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『夢中』の語源、由来


『夢中』の語源は

夢の中

から来ているようです。



夢の中にいるほど心が支配されている、入り込んでいる

のような意味から

心が一つのことだけに囚われている、奪われている

という意味に発展したようです。



ベルセルクの魔女シールケが水の元素霊(ウインデイヌ)を召喚中

のような状態、意味なのかもしれません。

[ad#co-3]

『夢中』の類義語

懸命
必死
一心
一心不乱
夢中
躍起
死に物狂い
粉骨砕身
一意専心
精一杯
力一杯
鋭意

『一生懸命』の慣用句

根を詰める
死力を尽くす
心血を注ぐ
寝食を忘れる
精魂を傾ける
夜の目も寝ずに
脇目も振らず

『一生懸命』のことわざ

思う念力岩をも通す
精神一到何事か成らざらん
[ad#co-6]

[ad#co-3]