『寝食を忘れる』(しんしょくをわすれる)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、寝ること食べることを忘れるほど物事に集中する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『寝食を忘れる』の意味


『寝食を忘れる』(しんしょくをわすれる)の意味は

睡眠も食事も顧みなくなるほど
物事に打ち込む様子


といった意味のようです。



睡眠も食事も気にならなくなるほど物事に打ち込んでいる

のような意味になりそうです。



『顧みる』(かえりみる)は
1.過ぎ去った事を思い起こす
2.心にとどめ考える
3.振り返って見る

といった意味になります。



例文としては
「寝食を忘れて作業に取り組む」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『寝食を忘れる』の類義語

懸命
必死
一心
一心不乱
夢中
躍起
死に物狂い
粉骨砕身
一意専心
精一杯
力一杯
鋭意

『一生懸命』の慣用句

根を詰める
死力を尽くす
心血を注ぐ
寝食を忘れる
精魂を傾ける
夜の目も寝ずに
脇目も振らず

『一生懸命』のことわざ

思う念力岩をも通す
精神一到何事か成らざらん

関連コンテンツ



スポンサードリンク