『苦悩』の読み方は(くのう)となります。



『苦悩』(くのう)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



『苦悩』と聞くと、らんま1/2の九能帯刀(くのうたてわき)などを思い出してしまいますが、なんとなく

悩み苦しむ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『苦悩』の意味


『苦悩』(くのう)の意味は

どう解決したらよいかわからず
苦しみ思い悩むこと


といった意味のようです。



悩むことがあって苦しむ

のような意味になりそうです。



例文としては
「稼ぎが悪くて苦悩する日々」
「カカロットの強さを超えられず苦悩するベジータ」

のような使い方が良さそうです。

『苦悩』の対義語、反対語


『苦悩』の対義語はとくにないようですが、もしあるならば

悩んで苦しむ、の反対の意味

『苦しむ』の対義語は『楽しむ』
『悩む』の対義語は『楽しむ』『悟る』『慰む』

『楽しむ』の意味
満ち足りていることを実感して愉快な気持ちになる
『悟る』(さとる)の意味
1.物事の真の意味を知る
2.気づく。感づく。察知する
『慰む』(なぐさむ)の意味
心がおだやかになる。なごむ

となるので、ここから考えると

『賢者』
道理に通じたかしこい人
悟りを開き苦悩を乗り越えた人
『覚醒』
迷いなどから立ち直ること。醒覚
強さを追い求めていたベジータが超サイヤ人になり穏やかになるような気持ち

少し本来の意味とは違いますが

悩み苦しんでいたことから開放される
迷いから乗り越えて前に進む

のような意味になるので、もしかしたら対義語に近い言葉なのかもしれません。



または、ネットでの意見

ベートーベンの言葉でもある
「苦悩を経て歓喜に至る」

を参考にすると

『歓喜』(かんき)
非常に喜ぶこと。また、心からの喜び

といった意味の言葉が対義語に近そうです。

スポンサードリンク


『苦悩』の類義語

苦痛
痛苦
辛苦
苦難
艱難
艱苦
苦患
責め苦
七難八苦
千辛万苦
苦渋
苦悩
苦悶
煩悶
懊悩

『苦しみ』の慣用句

十字架を背負う

『苦しみ』のことわざ

艱難汝を玉にす
苦あれば楽あり、楽あれば苦あり
苦しい時の神頼み
三界無安

関連コンテンツ



スポンサードリンク