『憎む』(にくむ)という言葉は

普通に見かける言葉ですね。



なんとなく、恨むほど嫌う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『憎む』の意味


『憎む』(にくむ)の意味は

その相手や物事を許すことができず
いなくなってしまいばいいと思うほど強く嫌う


といった意味のようです。



許したくないほど嫌う

のような意味になりそうです。



『憎む』(にくむ)は
1.よくないこと、本来あってはいけないこととして許しがたく思って嫌う
2.自分に不利益をもたらすものとして嫌う
3.非難する。なじる

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「憎むという勇敢なエネルギーは新しい行動に向けたい」

のような使い方が良さそうです。

『憎む』の対義語、反対語


『憎む』の対義語、反対語は

『愛する』(あいする)
1.愛情を注ぐ
2.する
3.とりわけ好み、それに親しむ
4.かけがえのないものとして、それを心から大切にする
『可愛がる』(かわいがる)
1.かわいらしいと思って、優しく扱う
2.ひいきする
慈しむ』(いつくしむ)
目下の者や弱い者に愛情を注ぐ。かわいがって大事にする

といった意味の言葉になります。



『憎む』が
敵対する、危害を加えそうなほど嫌う、といった意味に対し

大事にする、大切にする

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク


『憎む』の類義語

憎む
忌む
忌み嫌う
厭う
煙たがる
嫌悪
毛嫌い
憎悪
敵視
反目
白眼視
総すかん

『嫌う』の慣用句

敬して遠ざける
犬猿の仲
白い目で見る
蛇蝎の如く
目の敵にする

関連コンテンツ



スポンサードリンク