『苦しい時の神頼み』(くるしいときのかみだのみ)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、苦しい時は神に祈る、成り行きに任せて無理に足掻かないようにする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『苦しい時の神頼み』の意味


『苦しい時の神頼み』(くるしいときのかみだのみ)の意味は

普段は信心を持たないのに
苦境に陥ったときだけ神仏の助けを祈ること


といった意味のようです。



苦しい時だけ都合よく神仏に頼って祈る

のような意味になりそうです。



『信心』(しんじん)は
神仏を信仰する心。また、加護や救済を信じて、神仏に祈ること

といった意味になります。

スポンサードリンク


『苦しい時の神頼み』の類義語

苦痛
痛苦
辛苦
苦難
艱難
艱苦
苦患
責め苦
七難八苦
千辛万苦
苦渋
苦悩
苦悶
煩悶
懊悩

『苦しみ』の慣用句

十字架を背負う

『苦しみ』のことわざ

艱難汝を玉にす
苦あれば楽あり、楽あれば苦あり
苦しい時の神頼み
三界無安

関連コンテンツ



スポンサードリンク