畏怖はあまり日常生活聞いたこともなく

『恐れ』の類義語だとわかっていないと

別の意味に捉えてしまう人が多いのではないでしょうか。



『畏怖』の読み方は(いふ)と読みます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『畏怖』の意味


あまりなじみのない言葉ですが

『畏怖』(いふ)の意味は

そばにも寄れないようなすごい力を持ったものとして恐れること

のようです。



自分の力ではとても太刀打ちができない相手や

自然などの天災などにもよく使われそうです。



使い方としては
「爆裂魔法には魔王でさえ畏怖の念を抱く」
「バクテリアン選手の臭さには鼻を持つ誰もが畏怖してしまう」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『畏怖』の対義語


『畏怖』の対義語としてよく紹介されている言葉は

軽侮』(けいぶ)という言葉です。



『軽侮』の意味は

相手を軽く見て侮る

といった意味となります。



『畏怖』の意味である

相手の力に恐れる

という意味とは正反対になりますね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『畏怖』の類義語

恐怖
畏怖
戦慄
物怖じ
尻込み
臆する
怯む
怖じる
脅える
小心翼翼

『恐れ』の慣用句

臆病風に吹かれる
風声鶴唳
蛇に睨まれた蛙のよう

スポンサードリンク
[ad#co-1]