『死地』(しち)と聞くと

聞き間違いかなと思うような

ほとんど聞かないような言葉ですが

漢字を見てみると

「死闘が繰り広げられってそうな場所」

を想像させられます。



ただ実際言葉として使っても

舌を噛みそうな言葉なので

どうしても聞き間違いが起きそうです。



ただ逆に漢字を目で見ると

意味を想像しやすそうな言葉なので

文章として使っていくのが最適かもしれません。

スポンサードリンク


『死地』の意味


『死地』(しち)の意味は

死ぬべき場所の意味から

非常に危険な状況

といった意味のようです。



「危険な場所」であったり
「危機的な状況」

というのは何となく想像できましたが

「非常に」といった

強調される言葉が含まれる上に

「死ぬべき場所」

とはっきりされたイメージも含まれるので

「非常に危険な状況」

といった意味がさらに強調される気がします。



死と隣り合わせの危険な状況

的なときに使うと良さそうです。



例文としては
「財布を落とすことは中身によっては死地になりかねない」
「 就職のめどが立ってようやく死地を脱した思いだ」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『死地』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク