『怯む』という言葉は

「相手に圧倒される」であったり
「立ちすくんでしまう」
といったイメージが強いです。

よく日常でも耳にする言葉なので

ニュアンス的には把握している人は多いのではないでしょうか。



『怯む』の読み方はひるむと読みます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『怯む』の意味


『怯む』(ひるむ)の意味は

圧倒されて気持ちがくじける、逃げ腰になる

といった意味を表しています。



使い方は
「強い相手にも怯まずに立ち向かっていく」
「相手に圧倒されことなく怯むことなく戦う」
「ナッパの圧倒的なエネルギー波にピッコロたちは怯みそうになった」

といった使い方がいいでしょう。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『怯む』の類義語

恐怖
畏怖
戦慄
物怖じ
尻込み
臆する
怯む
怖じる
脅える
小心翼翼

『恐れ』の慣用句

臆病風に吹かれる
風声鶴唳
蛇に睨まれた蛙のよう

スポンサードリンク
[ad#co-1]