『叩けよさらば開かれん』という言葉は

とりあえず行動してみたら意外になんともなかった
やってみたら前に進めた

というように
躊躇している物事でもいざ行動してみれば開けてくる

のようなイメージがあります。



「叩けよ」というのは
行動しろ

「開かれん」というのは
「前に進める」

というふうな意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『叩けよさらば開かれん』の意味


『叩けよさらば開かれん』の意味は

ひたすら神に祈り、救いを求めれば神は必ず応えてくださる。
転じて積極的に努力すれば必ず道は開けるという事


といった意味のようです。



全体の意味がなんとなく矛盾して聞こえてきますが

それとなくわかるような気がする言葉ですね。



後半の「積極的」っていうのは
やはり行動的につながるので

結果が出やすい

失敗の回数も増えるけど成功の回数も増えていくから
結果的に道が開ける

ということになってきそうです。



でも前半の
「ひたすら神に祈り救いを求めれば必ず答えてくれる」

というのはいまいち
ほんとかなー

と思ってしまいます。



こちらはそのまま受け取ると
後半の積極的な行動とは
対比した意味のようにも見えてきますが。



行動せずひたすら妄想し頭の中でぐるぐる堂々巡りしている
自分の力ではなく他人の力に任せ救いを求める

という意味にも聞こえてきてしまいます。



でも見方を変えれば「神に祈り」というのは

しっかり目標立てて

という意味とするならばわかるような気もします。



何にしても何か行動する時やりたいことがある場合は

信じて前に進む

という意味では言っている事は同じなのかもしれませんね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『叩けよさらば開かれん』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]