『老化』(ろうか)という言葉は

比較的よく聞く言葉ですね。



老化していく、と聞くと何となく、年をとっていくのようなイメージがあるので

「老化」は年をとる、の現在進行形のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『老化』の意味


『老化』(ろうか)の意味は

年を取るにつれて肉体や精神の機能が衰えること

といった意味でようです。



年をとるだけでなく、肉体や精神が衰えていく

といった意味にもなってくるようですね。



年を取ることによる肉体や精神の衰え

のような意味になってきそうです。



例文としては
「老化を抑えるための食生活」
「老化の状態異常はほっておいてはいけない」

スポンサードリンク


『老化』の対義語


老化の対義語、反対語となると

若返っていく、徐々に若くなる

のような意味になりそうですが。



それでもその現象自体が不自然でありえないことなので

そういった言葉の意味はなさそうですね。



それでもそれに近い意味だと

不老
いつまでも若く、年をとらないこと

といった意味を持つこの言葉が『老化』の対義語に近そうです。

スポンサードリンク


『老化』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う

関連コンテンツ



スポンサードリンク