『手回し』(てまわし)という言葉は

普通に使われそうな言葉ですね。



何となく、先回りするように前もって準備する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『手回し』の意味


『手回し』(てまわし)の意味は

相手の要望などを考慮しての
手落ちのない用意


といった意味のようです。



相手が満足するような用意、準備

のような意味になりそうです。



『手落ち』(ておち)は
手続きや仕事の上で不足や欠点があること

といった意味になります。



例文としては
「待っている間のための冷たい缶ジュースも用意しているとは
未来から来たと言われるあの少年は手回しがいい」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『手回し』の類義語

用意
備え
支度
手配
手筈
段取り
手回し
下準備
下拵え
地固め
布石
膳立て
道具立て

『準備』の慣用句

爪を研ぐ
満を持する
レールを敷く

『準備』のことわざ

生まれぬ先の襁褓定め
転ばぬ先の杖
備えあれば患いなし
治に居て乱を忘れず
腹が減っては戦ができぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク