『支度』の読み方は(したく)と読みます。



『支度』(したく)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、これからの行動のための準備、用意

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『支度』の意味


『支度』(したく)の意味は

多く、外出や食事などについて
必要なものを整えたりして
物事に取りかかれるようにすること


といった意味のようです。



これから先の行動が出来るようにするための準備

のような意味になりそうです。



『整える』(ととのえる)は
1.本来あるべききちんとした状態にする
2.必要なものをそろえる
『取り掛かる』(とりかかる)は
しはじめる

といった意味になります。



例文としては
「支度してドライブする」
「朝食の支度」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『支度』と『仕度』の違い


『支度』と『仕度』は意味が同じで使い方にも違いはないようです。



ただ、正式には『支度』が正しいようで

『仕度』は当て字となるようです。

『支度』の語源、由来


『支度』の語源、由来は

「支」と「度」には
はかる、という意味を持ち

『支度』で
計算する、という意味だったようで

それが今の意味に変わっていったようです。



先のことを計算して、考えて備える

のような意味、イメージだったのかもしれません。

[ad#co-3]

『支度』の類義語

用意
備え
支度
手配
手筈
段取り
手回し
下準備
下拵え
地固め
布石
膳立て
道具立て

『準備』の慣用句

爪を研ぐ
満を持する
レールを敷く

『準備』のことわざ

生まれぬ先の襁褓定め
転ばぬ先の杖
備えあれば患いなし
治に居て乱を忘れず
腹が減っては戦ができぬ
[ad#co-6]

[ad#co-3]