『布石』の読み方は(ふせき)と読みます。



『布石』(ふせき)という言葉は

よく使われてそうな言葉ですね。



いまいち意味がわかりませんが、何となく

トラブルを防止した原因

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『布石』の意味


『布石』(ふせき)の意味は

将来の行動に備えてあらかじめやっておく事柄

といった意味のようです。



『事柄』(ことがら)は
物事の内容・ようす。また、物事そのもの
『将来』(しょうらい)は
これから先。未来

といった意味になります。



これから先のための行動

のような意味になりそうです。

『布石』の使い方、例文


例文としては
「無駄に思えたこれまでの経験が新しい仕事の布石となり役に立っている」

のような
「将来の行動のための準備」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『布石』の語源、由来


『布石』の語源は

囲碁から来た言葉のようです。



「石」は
碁石
「布」は
敷く、配置する
「布石」は
対局の序盤の石の配置

を意味しているようです。



囲碁は序盤の石の配置で勝ち負けにまで影響するので

先を考えた行動、準備

のような意味になったようです。

スポンサードリンク


『布石』の類義語

用意
備え
支度
手配
手筈
段取り
手回し
下準備
下拵え
地固め
布石
膳立て
道具立て

『準備』の慣用句

爪を研ぐ
満を持する
レールを敷く

『準備』のことわざ

生まれぬ先の襁褓定め
転ばぬ先の杖
備えあれば患いなし
治に居て乱を忘れず
腹が減っては戦ができぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク