『紺屋の白袴』の読み方は(こうやのしろばかま)と読みます。



『紺屋の白袴』(こうやのしろばかま)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「紺屋」(こうや)も「白袴」(しろばかま)もいまいちわかりませんが、なんとなく

仕事にふさわしくない格好をすること

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『紺屋の白袴』の意味


『紺屋の白袴』(こうやのしろばかま)の意味は

「紺屋」は染め物屋のこと。
「こんや」とも言う
染め物屋が
客の染め物に忙しくて自分は染めない袴を履いていること。
持っている技術や能力を仕事や他人のためばかりに使って
自分のことには手が回らないことをいう


といった意味のようです。



染め物屋をやっているけど自分の袴は染まっていない、というところから

自分の能力、技術が他人のためにしか使っていない、自分にまで使う余裕がない

のような意味になりそうです。

『紺屋の白袴』の例文、使い方


例文としては
「紺屋の白袴なのか、床屋さんのなのに自分の頭は気にしていない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『紺屋の白袴』の由来、語源


『紺屋の白袴』の由来は

白い袴を紺色に染める染物屋が

仕事が忙しくて自分の袴まで染める余裕がないから

白袴のままでいる

といった意味から来た言葉のようですね。



ある一説によると自分の袴は汚さないから白い袴のまま、というのが

職人の誇りを表している、とも言われているようです。



塗装屋の作業着があまり汚れすぎてないのがよい

のようなことと同じなのかもしれません。

スポンサードリンク


『紺屋の白袴』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう

関連コンテンツ



スポンサードリンク