『段取り』(だんどり)という言葉は

よく使われてそうな言葉ですね。



なんとなく、これからの行動が滞り無く進むための準備、計画

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『段取り』の意味


『段取り』(だんどり)の意味は

物事を滞りなく進めていく上での手順。
また、手順に従って事を運ぶための準備


といった意味のようです。



これからのことを順番に記した計画

のような意味になりそうです。



『手順』(てじゅん)は
物事をする順序
『順序』(じゅんじょ)は
1.ある基準に従った並び方
2.物事を行う手順

といった意味になります。

『段取り』の例文、使い方


例文としては
「段取りをあらかじめ考えていたので作業がスムーズに進んだ」

のような
「行動する順番」
「行動の順序の準備」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『段取り』の語源、由来


『段取り』の語源は

歌舞伎の楽屋用語から来たのではと言われています。



「段」は
話が一段落する、といった意味になり

『段取り』は
1.芝居などで、筋の展開や組み立てのしかた
2.物事を行う順序や手順。また、その準備

といった複数の意味を持ちます。

スポンサードリンク


『段取り』の類義語

用意
備え
支度
手配
手筈
段取り
手回し
下準備
下拵え
地固め
布石
膳立て
道具立て

『準備』の慣用句

爪を研ぐ
満を持する
レールを敷く

『準備』のことわざ

生まれぬ先の襁褓定め
転ばぬ先の杖
備えあれば患いなし
治に居て乱を忘れず
腹が減っては戦ができぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク