『足を向けて寝られない』という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、恩を受けた相手なので無礼を働けない、大事にしたい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『足を向けて寝られない』の意味


『足を向けて寝られない』(あしをむけてねられない)の意味は

寝る時も足を向けては失礼に当たると思い
そうしないようにしている、という意味から
恩を受けた人への感謝の気持ちをいつまでも忘れないでいる様子

といった意味のようです。



失礼なことができないほど尊敬して感謝している

のような意味になりそうです。



例文としては
「メドローアを教えてくれた先生には、とても足を向けては寝られない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『足を向けて寝られない』の類義語/同義語

←受けた恩などがありがたい
足を向けて寝られない
有り難涙に暮れる
痛み入る
嬉しい
大助かり
忝い
感謝感激雨霰
感涙に咽ぶ
恐縮
地獄で仏に会ったよう
随喜の涙をこぼす
多とする
手を合わせる
徳とする
勿体ない
←感謝を口にする
恐れ入ります
恩に着る
済まない
礼を言う
悪い

おすすめ関連記事