『随喜の涙をこぼす』(ずいきのなみだをこぼす)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、涙を流すほど喜ぶ、または
涙をこぼすほどありがたく思って感謝する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『随喜の涙をこぼす』の意味


『随喜の涙をこぼす』(ずいきのなみだをこぼす)の意味は

嬉しさやありがたさのあまり流す涙

といった意味のようです。



感謝や嬉しさで涙を流す

のような意味になりそうです。



『有り難い』(ありがたい)は
1.人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま
2.都合よく事が進んでうれしく思うさま
3.またとないくらい尊い。もったいない

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「盗まれた車のナンバープレートの代わりを、親方が新しいのを用意してくれたことに随喜の涙をこぼしそうになった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『随喜の涙をこぼす』の類義語/同義語

←受けた恩などがありがたい
足を向けて寝られない
有り難涙に暮れる
痛み入る
嬉しい
大助かり
忝い
感謝感激雨霰
感涙に咽ぶ
恐縮
地獄で仏に会ったよう
随喜の涙をこぼす
多とする
手を合わせる
徳とする
勿体ない
←感謝を口にする
恐れ入ります
恩に着る
済まない
礼を言う
悪い