『勿体ない』(もったいない)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



いろんな意味がありそうな言葉ですが、なんとなく

損をしている、または
力を貸してもらったことに敬って感謝する、恐れ多い気持ちになる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『勿体ない』の意味


『勿体ない』(もったいない)の意味は

自分程度の者にとってはありがたすぎて恐れ多い

といった意味のようです。



自分には申し訳ないほどありがたい

のような意味になりそうです。



『恐れ多い』(おそれおおい)の意味は
1.貴人や尊敬する人などに対して、失礼になるので申し訳ない
2.わが身にはありがたく、もったいない
『勿体ない』(もったいない)は
1.有用なのにそのままにしておいたり、むだにしてしまったりするのが惜しい
2.身に過ぎておそれ多い。かたじけない

といった複数の意味を持ちます。

スポンサードリンク

『勿体ない』の例文、使い方


例文としては
「私の防御力にこれほど評価していただけるとは、もったいないことです」
「ご飯粒を残すのはもったいない」
「能力を活かしきれてなくてもったいない」

のような
「自分にとってありがたすぎる思い」
「無駄にしていて残念」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『勿体ない』の類義語/同義語

←受けた恩などがありがたい
足を向けて寝られない
有り難涙に暮れる
痛み入る
嬉しい
大助かり
忝い
感謝感激雨霰
感涙に咽ぶ
恐縮
地獄で仏に会ったよう
随喜の涙をこぼす
多とする
手を合わせる
徳とする
勿体ない
←感謝を口にする
恐れ入ります
恩に着る
済まない
礼を言う
悪い