『手を合わせる』(てをあわせる)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



いろいろな意味がありそうな言葉ですが、なんとなく

手を合わせる、拝んでお礼を言うようにありがたいと思って感謝している

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『手を合わせる』の意味


『手を合わせる』(てをあわせる)の意味は

合唱して拝む意味から
心から感謝したり
相手に懇願したりする様子


といった意味のようです。



『懇願』(こんがん)は
心からお願いすること。 熱心に頼むこと
『拝む』(おがむ)は
1.頭を下げて祈る
2.お目にかかる
3.懇願する。嘆願する

といった意味になります。



合唱の意味から生まれた言葉で
ものすごく感謝する、真剣にお願いする

のような意味となりそうです。



例文としては
「もう少しでやられてしまうところのホイミに、ライアンは心の中で手を合わせていた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『手を合わせる』の類義語/同義語

←受けた恩などがありがたい
足を向けて寝られない
有り難涙に暮れる
痛み入る
嬉しい
大助かり
忝い
感謝感激雨霰
感涙に咽ぶ
恐縮
地獄で仏に会ったよう
随喜の涙をこぼす
多とする
手を合わせる
徳とする
勿体ない
←感謝を口にする
恐れ入ります
恩に着る
済まない
礼を言う
悪い