『永眠』(えいみん)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、永遠に眠る、ように死んでしまっている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『永眠』の意味


『永眠』(えいみん)の意味は

永遠の眠りの意味
人の死を安らかな眠りとして捉えていう語

といった意味のようです。



死ぬ、という意味ではありますが

安らかな眠り、と捉えているということでもあるので

婉曲に表しているところもあるのかもしれません。



『永眠』
永遠の眠りにつくこと。死ぬこと。死去

といった意味になるので

言葉のまま意味を捉えても良さそうです。

『永眠』の例文、使い方


例文としては
「祖父が棺桶の中で永眠しているのを見て悲しくなっていた」

のような
「眠るように死ぬ」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『永眠』と『逝去』の違いとは


『逝去』(せいきょ)は
人を敬ってその死をいう語
『永眠』は
永遠の眠りにつくこと。死ぬこと。死去

といった意味になるので

『逝去』は敬って死ぬを意味する

『永眠』は永遠の眠りをイメージさせつつ死ぬを意味する

という違いになりそうです。



どちらも「死ぬ」の意味は持ちますが

人を敬っているか、眠るようにを強調するかで

使い方に違いがありそうです。

スポンサードリンク


『永眠』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定

関連コンテンツ



スポンサードリンク