『死出』(しで)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、死相が出てくる、死に際となる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『死出』の意味


『死出』(しで)の意味は

死んで冥土へ行くこと

といった意味のようです。



ただ、「死ぬ」という意味ではなく

冥土へ行く

という特殊な意味もあるようですね。



『冥土』は
仏語。死者の霊魂の行く世界。あの世。地獄・餓鬼・畜生の三悪道をいう。冥界。黄泉。よみじ
『餓鬼道』
常に飢えと渇きに苦しむ亡者の世界
『畜生道』
悪業の報いによって死後に生まれ変わる畜生の世界
『冥界』
死後の世界。あの世
『黄泉』
地下にあり、死者の行くとされる所。あの世
『よみじ』
1.地面の下にあり,死者が行くといわれている所
2.地中の泉

といった意味になります。



死んだあとに想像の世界、死後の世界へ行く

という意味となるようです。



例文としては
「引っ越しのバイト初日は4階アパートというのが堪えて、酸欠で死出の旅に出かけるところだった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『死出』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定

関連コンテンツ



スポンサードリンク