「昇」るに「天」で『昇天』と書くこの言葉は(しょうてん)と読みます。



『昇天』という言葉は

聞いた事はある言葉ですね。



「昇る」に「天」なのでなんとなく、天に召される、死んで天国へ行く

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『昇天』の意味


『昇天』(しょうてん)の意味は

キリスト教で信者が死んで天国へ行くこと。
また、一般に、人が死ぬ事


といった意味のようです。



キリスト教から来た言葉で、天国へ行くこと、死ぬこと

といった意味になるようですね。



キリスト教からのイメージでもあるのか

いまいち「死ぬ」と言う意味として使いづらい言葉ですね。



それでも意味はさほど違わないので

死去」と同じような使い方でも良さそうです。



『昇天』
1.天高くのぼること
2.キリスト教で、イエス=キリストが復活後40日目に天にのぼったこと。転じて、人が死んでその魂が天にのぼること。死去すること

といった意味になります。

スポンサードリンク


『昇天』の対義語、反対語


『昇天』の対義語、反対語は

『降誕』(こうたん)
聖人・偉人・帝王などがこの世に生まれること

といった意味の言葉になります。



聞き慣れない言葉ですが、確かに

反対の意味としてしっくりきそうです。



それでも基本的に「死去」という意味になるので

反対の意味として使いたい場合は

『誕生』
1.人が生まれること。出生。生誕
2.生まれて1回目の誕生日
3.物事や状態が新しくできること

といった意味の言葉でも良さそうです。

『昇天』の語源、由来


『昇天』の語源、由来は

キリスト教の教義の一つ、からきたようです。



イエス=キリストが復活後40日目に天にのぼった

という意味から今での意味

人が死んでその魂が天にのぼること

という意味になったようです。

スポンサードリンク


『昇天』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定

関連コンテンツ



スポンサードリンク