『他界』(たかい)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



死んであの世に行く、死んでこの世にいなくなってしまう

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『他界』の意味


『他界』(たかい)の意味は

死者の世界、またそこへ行く事から
死ぬことを婉曲にいう語

といった意味のようです。



『婉曲』(えんきょく)は
言いまわしが穏やかでかど立たないさま。露骨でなく、遠まわしに言うさま

といった意味になります。



死者の世界、あの世へ行くというイメージから

死ぬ、という意味を濁していう言葉

ということになりそうです。

スポンサードリンク

『他界』の例文、使い方


例文としては
「会長が他界してからどことなく全体の雰囲気に活気がなくなってしまった」

のような
「死んであの世に行く」
「この世界にはいない」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『他界』と『逝去』の違いとは


『逝去』(せいきょ)は
他人を敬って、その死をいう語
『他界』は
1.自分が属さない世界。よその世界
2.死後の世界。あの世。来世。また、夢や忘我状態のときに魂がさまよう所。
3.死ぬことを婉曲にいう語

といった意味になります。



『逝去』は敬って言う事に対し

『他界』は婉曲に、濁して言う言葉

となりそうです。



それに加え『他界』の方は複数の意味を持つので

「死ぬ」という意味として使っても

死後の世界、あの世、または他の世界

のようなイメージも強く伝わりそうですね。

スポンサードリンク

『他界』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定