『白玉楼中の人となる』(はくぎょくろうちゅうのひととなる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



ぱっと見た感じイメージしづらいですが「死の類義語」として考えてみると

「白玉」が「人の魂」、「楼中」がこの世でない場所、天国

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『白玉楼中の人となる』の意味


『白玉楼中の人となる』(はくぎょくろうちゅうのひととなる)の意味は
文芸に携わる人が死ぬ

といった意味のようです。



予想した意味とは違っていたようで、ただ死去する、という意味ではなく

文芸に携わる人が死ぬ

という意味となるようです。



『白玉楼』は
文人、墨客が死後に行くといわれる天上の客殿
『墨客』は
書画をよくする人

といった意味になります。



例文としては
「ストーリーが完結しないまま白玉楼中の人となってしまった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『白玉楼中の人となる』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定

関連コンテンツ



スポンサードリンク