『隠忍自重』の読み方は(いんにんじちょう)と読みます。



『隠忍自重』(いんにんじちょう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、気付かれないように耐えていて重荷になっている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『隠忍自重』の意味


『隠忍自重』(いんにんじちょう)の意味は

怒りや苛立ちの気持ちをぐっと抑えて
軽々しい行動をしないようにすること


といった意味のようです。



野生的な感情をコントロールして冷静な判断をする

のような意味になりそうです。



『自重』(じちょう)は
1.自らを重んじること。自分の品性を保ち、卑下しないこと
2.言動を慎んで、軽はずみなことをしないこと

といった複数の意味を持ちます。

『隠忍自重』の使い方、例文


例文としては
「怒りに任せても損をするだけなので隠忍自重するしかない」
「ナッパはベジータの一言で隠忍自重した戦い方になった」

のような
「頭を冷やして行動する」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『隠忍自重』の類義語

堪える
忍ぶ
耐え忍ぶ
我慢
忍耐
辛抱
堪忍
隠忍自重
忍苦
忍従
堅忍
耐乏

『耐える』の慣用句

臥薪嘗胆
忍の一字
歯を食いしばる
風雪に耐える

『耐える』のことわざ

石の上にも三年
韓信の股潜り
堪忍は一生の宝
ならぬ堪忍するが堪忍
冬来たりなば春遠からじ

関連コンテンツ



スポンサードリンク