『ならぬ堪忍するが堪忍』(ならぬかんにんするがかんにん)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちイメージしづらい言葉ですが、なんとなく

成功してもしなくても苦労する、どちらも苦労するならとりあえずやってみたほうが良い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『ならぬ堪忍するが堪忍』の意味


『ならぬ堪忍するが堪忍』(ならぬかんにんするがかんにん)の意味は

もうこれ以上我慢できないというところをぐっとこらえるのが
本当の我慢である


といった意味のようです。



まだまだ我慢に余裕があるうちは我慢ではない

のような意味になりそうです。



『堪忍』(かんにん)は
1.怒りを抑えて、人の過ちを許すこと
2.肉体的な痛みや苦しい境遇などをじっとこらえること

といった意味になります。

スポンサードリンク


『ならぬ堪忍するが堪忍』の類義語

堪える
忍ぶ
耐え忍ぶ
我慢
忍耐
辛抱
堪忍
隠忍自重
忍苦
忍従
堅忍
耐乏

『耐える』の慣用句

臥薪嘗胆
忍の一字
歯を食いしばる
風雪に耐える

『耐える』のことわざ

石の上にも三年
韓信の股潜り
堪忍は一生の宝
ならぬ堪忍するが堪忍
冬来たりなば春遠からじ

関連コンテンツ



スポンサードリンク